■家族募集中の犬猫満載!
■大事なお知らせ!
■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■FC2カウンター

■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
札幌市動物管理センターの「殺処分」動画を公開
みなさん、こんばんは。
保護犬のボランティア活動に携わる方はすでにご存じかもしれませんが
札幌市動物管理センターの「殺処分」動画が公開されました。



センター(保健所)に収容された犬猫たちは
決して安楽死などされません。
ガス室に送られ、もがき苦しみながら死んでゆくのです。
まだまだ現実をしらない人たちがたくさんいます。
知れば、いい加減な気持ちで犬猫を飼ったり買ったりできないはずです。
多くの人たちに現実を知ってほしいです。
この夏も、旅行に行くから不要になった、離婚した、彼氏と別れた、
引っ越し先がペット不可だった、ペット業界からの放棄
犬猫が病気になったから・・・などなどの理由で、
多くの犬猫がセンターに持ち込まれました。
センターには流行が終わった純血種(小型犬)たちもたくさん収容されています。
ボランティア団体・個人が救えるのはほんの一握りです。
どうか、犬猫を飼いたいと思ったら、保護犬猫をご検討ください。

直接センターから引き取ることもできますので、
お近くのセンターにお問い合わせください。
また、預かり家庭で新しい家族を待っている子たちに
手を差し伸べてください。
預かり家庭で性格、病気の有無などある程度把握できますので、
飼育前にある程度心の準備をすることができますよ♪
そして、すでに飼っている人は安易に子供を産ませないでください。
病気になっても、高度な医療を受けさせられなくても
最後まで家族の傍で看取ってあげてください。


以下、転載自由とのことですので、
多くの方に知ってもらうよう、ご協力をお願いいたします。




以下  月刊誌「北方ジャーナル」 より転載

========================================================================
2010年07月22日
札幌市動物管理センターの「殺処分」動画を公開


100722-1.jpg

市民に捨てられたペットが、いかに悲劇的な末路を迎えているのか。
発売中の本誌8月号では、札幌市動物管理センターを中心に
犬猫たちの殺処分の現状をレポート、カラーグラビアページでは
処分後の死体の写真を掲載した。

これまで同センターは、報道機関への収容動物(処分前)の撮影は認めてきた。
しかし、二酸化炭素ガス注入による殺処分現場の撮影は
「市民感情を考慮して」という理由で拒み続けてきたという。
しかし、その一方で「身勝手な理由で飼育を放棄する市民に、
意識を変えて欲しい」という切なる願いも抱き続けてきたのだ。

実態を直視することなく解決への道はないと判断した私は、
幾度となく殺処分の撮影許可を要請した。
そして、直接の撮影行為は認められないながらも、
職員の研修用として過去に録画した映像を譲り受けることができたため、
静止画として掲載した次第である。

だが、これは立法機関を含め、動物に対する意識レベルが低い「日本」という
国全体の問題なのだが、北海道限定の雑誌メディアでは発信力にも限界がある。
何よりも、これは「映像」として目に焼き付けなければならないものだ。
同センターにはその意義を理解して頂き、ネットへの動画公開の許可に至った。

100722-2.jpg
「セブンデイズ-殺処分された犬たち-」 は大きな反響を呼んだ
(週刊朝日07年3月30日号)

現在、この類の報道は「AERA」がトップランナーで、様々な視点から頻繁に取り上げている。
また、週刊朝日は、折り重なって死んだ処分後の犬の写真を掲載、
そしてフジテレビ「ニュースジャパン」(09.9.23OA)でも、
ガス注入から死に至るまでの映像を放送した。
しかし、いずれも撮影した施設の場所は「某」であった。
行政体という立場上、どこも名前だけは出してほしくないのだ。

今回、「札幌市」の名が同時に出る前提で公開を許可した
同センター所長の英断に敬意を表したい。
そして、動物を飼っている(飼おうとしている)多くの人々に、
決して安楽死ではない現実を知って頂きたい。 (や)



■■■■■ 追記(H22.08.05)■■■■■
たくさんのコメントやメッセージありがとうございます。
この動画は、多くの方にご覧頂くために公開していますので、
リンクを含め記事の転載等は自由になさって下さい。
そもそも、あまり著作権に神経質な出版社ではありませんので、許可申請は不要です。  (や)


========================================================================

以上転載


また、ボランティア団体:ちばわんさんが、千葉県のセンタレポートを更新されています。
こちらも転載自由ですので、ぜひ伝えてください!

ちばわんセンターレポート→こちら
スポンサーサイト


☆ご協力案件 | 23:29:50 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
何度か日記みにきては、どうしても再生ボタンが押せないでいます。。。
殺処分をやめていくことをきめたセンター やむをえない時は安楽死をさせる
ことにしたセンター ガス室をつくらないことにしたセンターも
あるのにね。。。
まだまだこんなに殺処分されてる。。。なんなんでしょうね。
捨てるなら最初から飼うなですよ。。。
2010-08-23 月 14:41:05 | URL | 晴太の母 [編集]
Re: タイトルなし
晴ちゃん母さん

> 何度か日記みにきては、どうしても再生ボタンが押せないでいます。。。

私も同じです。ブログで紹介しておきながら
再生しても見れません。。。音声が流れてきた瞬間止めてしまいました。

> 捨てるなら最初から飼うなですよ。。。

簡単に飼える状況を飼えないといけませんね。
資格制にするとか。
終わりが見えないですが、できることをしていきたいと思います!
2010-08-24 火 22:43:24 | URL | はっぴい~かも~ん [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。