■家族募集中の犬猫満載!
■大事なお知らせ!
■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■FC2カウンター

■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
家族!
つるかめ家の今年のカレンダーです。
我が家のスーパーアイドルりょうちゃんの写真満載のカレンダーです。
P1030940.jpg

これは、東京から引っ越す際、ワン友の晴ちゃんママが作ってくれたんです。
素敵でしょ。
晴ちゃんママさんありがとう!
そんでもって、うちのボンたら可愛いでしょ。鼻血でちゃうわ~♪
P1030942.jpg

こんなに鼻血が出そうなくらい可愛いうちのボン(中型♂雑種)は、
生後半年ちょっとで元のバカ飼い主に「もういらない」と
センター(保健所)に捨てられました。
飼い主が持ち込んだ場合は即刻、ガス室送りです。
ガス室では大きな犬も小さな犬もごちゃまぜになって
パニックになりながら苦しんで死んで行くのです。
安楽死と勘違いしている人がいますが、そんな処分じゃありません。
(中には注射を打って安楽死させている所もあるかもしれませんが、
年間犬猫30万頭が処分されている日本ですから、恐らく超ごく一部でしょう)
しかし、センターの犬猫を引き出し里親を探すボランティア団体CATNAP
のスタッフさんにチェックされ合格をもらえたりょうちゃんは
当時、CATNAPの預かりボランティアをしていたつるかめ家にやってまいりました。
(今は転勤で石川県にいるためボランティアはお休み中~)
最初はビビリで(今もビビリだけど)、イタズラ王子で、早起き王子で、
里親探しするにも良い所よりも大変な所が多くて、
ブログでアピールする際、とても困りました。
嘘を書いて、応募があっても後々バレますし、出戻りとなれば
みんなが悲しい思いをしますからね。
なので、しつこい位正直に書いて応募を待っていましたね。。。
そんなりょうちゃんでも、希望者様は何家族かいらっしゃったんですよ。
でもね、りょうちゃんのビビリ&パニック性格がどうしても気になり
なかなか卒業させられないでいました。
(ビビリとパニックはマジすごかったっす。
散歩中は全く気が抜けず常に緊張してたかも。。。)
まあ、そんなこんなで、なかなか卒業させてあげられないりょうちゃんでしたので、
結果として「うちの子にしましょうかね」と旦那と話して我が家へ迎えたのでした。
そんなりょうちゃんも昨年11月11日に3歳になりました。
(本当の誕生日は知りません。)
今はりょうちゃんには申し訳ないのですが、
転勤となり一緒に住むことが出来ない状況になってしまったため
暫くの間、つるかめ実家に居候させてもらっております。
(この件に関しては全く持ってお恥ずかしい限りです。。。
つるかめ実家に感謝感謝でございます。)
ちなみに、りょうちゃんは田舎生活を超エンジョイしております。
庭の土を超高速で深く掘りまくり、母に怒られていますが
へこたれず、かみつき返しているそうです。(もちろん痛くないです。)



さてさて、
りょうちゃんのような可愛い犬猫が、
年間30万頭もバカ飼い主、バカブリーダのせいで処分されています。

理由は
飼い主の場合:金銭的な問題、思った犬猫と違った、世話が面倒、子供が生まれた等々
ブリーダーの場合:商売がうまくいかないから
です。
ちなみに悪質ブリーダは糞尿にまみれた親犬猫たちに
最低限のエサと水を与えるだけで仔犬猫を産ませ、
ペットショップへ売っています。
みなさんは、そんな状況の仔犬猫をペットショップから買おうと思いますか?
思いませんよね?
健康状態が悪い親から生まれた子はどうしても病気がちです。
ペットショップから買ってすぐに具合が悪くなった、
死んでしまったっていうのは典型的な例だと思うのです。
もちろん早くに親から引き離してしまうのも理由の一つだと思います。
諸々の理由(免疫、集団生活、社会性など)から3か月は親と一緒に暮らした方が
良いと言われていますが、日本は出来るだけ幼い犬猫の方が可愛く映るらしく
無理に親から引き離されています。

間違った知識で、安易にペットショップから仔犬猫を
買ってしまうと、商売が成り立ってしまい
悪質ブリーダは永久に糞尿にまみれた不衛生な環境で、
骨も溶けるほどボロボロになるまで親犬猫たちに仔犬猫を産ませ続けます。
行政は残念ながら期待できません。
ならば、まずは買わない事です。
どうしても欲しい犬種がいるのなら、まともなブリーダを探して
必ずブリーダーの家を訪問しチェックしてください。
訪問させないブリーダはまず怪しいと思ってOK。
清潔な環境かどうか、親犬猫をチェック、
無理な繁殖をさてていないか、犬猫の性格は家庭にあっているかなどなど
きちんとチェックしてください。

できれば現在ボランティア宅で家族を待っている子たちを
家族へ迎えてあげて頂けると本当にうれしいです。
ボランティアさん宅から1頭卒業できると、
また1頭、センター(保健所)の犬猫を引き出し救い出すことができます。
センター(保健所)の犬猫の命は待ったなしです。
毎週処分機が動いています。
どうか、保護犬猫を家族へ迎えて下さい。




どうやって保護犬猫を探すの?
というみなさまには、こちら↓「いつでもさとおや募集中」サイトをクリック!







各地域ごとに、ボランティア団体、個人さんが
新しい家族とのご縁を待っています。
ここに掲載されていない子も各ボランティアさんのブログ、HPでは
良縁をお待ちしております。
つるかめのブログ左サイドバー、またはトップページにも
いくつかボランティア団体さんを
リンクさせていただいていますので、ご覧ください。
何かご質問がございましたら、つるかめで出来る限り対応させて頂きます。
どうぞよろしくお願い致します。




---------------------------------------------------------------

犬猫を 飼おうと思ったら 保護犬猫を!
間違ってもペットショップで犬猫は買わないでね!
正しい知識を身に着けましょう!

45895e553b31c5337f7f38e2d1cf3c60.gif
↑愛護センターレポート(毎日千葉県で保護される犬猫たちです。クリックしてね!)


o0165023411073035948.jpg
↑(クリックしてね!)




スポンサーサイト


つるかめ家のりょうちゃん | 15:51:16 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。