■家族募集中の犬猫満載!
■大事なお知らせ!
■カテゴリー
■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■FC2カウンター

■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
GW ラ・フォル・ジュルネ金沢2012
GW期間中、金沢では、「ラ・フォル・ジュルネ金沢2012」
開催されております。

東京では丸の内周辺、国際フォーラムで、開催されているようですが。

金沢に来てしばらく、時間の余裕が出来たので、クラシックをよく聴くようになりました。
金沢はクラシックに力を入れている街でして、
GW期間中は、街のあらゆるところで、クラシックの演奏が予定されています。

5月3日は、台北市交響楽団とアンドレイ・コロベイニコフ(p)
の演奏を聴きに行きました。ひとりで。
お目当ては、ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 op.18」です。
初めて生演奏を聴きましたが、素晴らしいピアノでした♪
ピアノを習いたくなりました!
ヴァイオリンを聴けば、ヴァイオリンが習いたくなるのですが。。。

5月5日は、京都市交響楽団の
グリンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
ムソルグスキー(ラヴェル編):組曲「展覧会の絵」
を聴きに行きました。ひとりで。

グリンカはつるかめお気に入りの曲でして、
以前、聴きに行ったキエフ交響楽団の時よりもテンポが速く、
これはこれで、聴きごたえがありました。

ムソルグスキーは、ナニコレ珍百景の音楽と言えば、あ~!と
思う方も多いでしょう♪
この曲は管楽器がかなり聴かせてくれまして、
最後は涙が出てしまいました!
正直、台北のときは、う~ん・・・だったので、
京都市交響楽団の迫力ある演奏に、自然と涙が出てきました。。。
後ろの席のおじさんも、「涙でちゃったよ~」とおっさってました。
やっぱり、クラシックすごいよっ♪
騙されたと思って、聴きに行ってみては如何でしょうか♪

「ラ・フォル・ジュルネ金沢2012」は、小さなお子様から入場可能となっており
チケットも3000円以下の設定で、低価格になっております。
普段の、クラシックコンサートはS席7000以上になりますので、
超お得な催しです。
会場も満席で、特設シートもあったくらいです。
ちなみに、フジコヘミングの通常コンサートは
S席13000円でした。これは高い・・・。行かなかったけどね。。。(笑)

今年は、夏以降、五島みどりさんのコンサートが日本でありますので
日程が合えば行きたいけれど、開催地がどこも遠いっす。。。(涙)

クラシックなんて・・・・・と思っていらっしゃる方も多いと思いますが、
好みの曲を見つけて、生で演奏を聴くと、感動すること間違いないです。

毎年やっているみたいなので、また来年たくさんの公演を聴きに行きたいなと
思ったつるかめなのでした。

スポンサーサイト


金沢生活 | 00:00:20 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。